あなたの旅行はツアー派?個人は?

高速バスで行くツアーは、イチゴ狩りやぶどう狩りがセットになったツアーを申し込むことが多いです。
なんだかお得感がありますよね、バスツアーって。
しかも移動は全部バスで贈り迎えしてくれるのでとても楽です。
行く場所もスケジュールがきちんと決まっているため、旅行先でよくありがちな「次どこ行く?」と悩むことがありません。
何も考えなくても次の場所に連れて行ってくれるところが一番の魅力ですね。
しかも、お昼はホテルでバイキングとか、海の近くだと海の幸をふんだんに使った食事が用意されていて満足感も高いです。
いちご狩りなどの場合はその場でもいで食べる楽しみもあるし、その後購入してお土産に持って帰ることができるのもうれしいですねなにしろ味を確かめての購入なのでおいしくないわけがありません。
そして高速バスで行くツアーでは主人が運転しなくてすむのでお酒が飲めるという点もよいところです。
私は運転できないので、宿泊するときでないと主人は食事時にお酒を飲むことができません。
バスツアーはそんなことを気にしなくてもいいので便利です。
そして価格もびっくりするくらいお安いものも多いので、また参加したいなと思っています。

ツアーコンダクターをしていた友人

私の友人で、ツアーコンダクターをしていた女性がいる。
彼女は物事をテキパキと片付ける行動力があり、初対面の人とも気のきいた会話ができるタイプで、ツアーコンダクターは、ぴったりだと思えたのだが三年ほどで辞めてしまった。
色々と話を聞いてみると、なかなか大変な仕事のようだった。
一番困るのが、団体ツアーであるにもかかわらず自分勝手な行動をする客だそうだ。
あるツアーでの事だが、そのツアーは食事と土産物の購入は、昼食タイムに旅行会社指定の場所でする事に決められていたのだが、一人の女性がその指定店には自分が買ってくるように頼まれている土産がないので、他の店に行かせてほしいと言ってきたそうだ。
しかし、迷子になられて出発時間が遅れたりしては困るので諦めて欲しいとお願いしたのだが、コッソリ抜け出して目当ての土産を買いに行ってしまったそうだ。
案の定、出発予定時間の集合に間に合わず、他の客に迷惑をかける事となったそうだが、このような場合でも責任は添乗員にある。
こういった事例は珍しい事ではなく、面倒見がいい方である彼女だったが、わがままな客に対応する事に疲れてしまい退職したそうだ。
SNS お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加